仏教のお話

仏教に関する住職の法話を掲載していきます。
こちらをクリック

信仰のかたち

仏教徒の信仰のあり方を身近な例から紹介していきます。
こちらをクリック

仏事Q&A

曹洞宗の仏事について、丁寧に説明していきます。
こちらをクリック

私に人の悪口を伝えてくる者は信じるに足らない
私に人への感謝の言葉を伝えてくる者をこそ、私は信じるべきである

令和2年8月

 私に悪口を伝えてくる者は他者にも私の悪口を伝える者である。

他人の過ちは絶対に許さない
自分がどれだけ許してもらっているかを知りもしないで
正義の行使者は今日も罪を重ねる

令和2年10月

 他者は自分ではないのですから思い通りになるはずもなく。互いにその違いを許し合いながら生きていくもの。

人が不幸になるのは
幸せになりたい、と、思った瞬間だったりするから
私はまず、自分のそばにあるものたちに
有り難うを言おう、と思った

令和2年11月

 目指す先にある幸せもあるでしょう。
 ただ、私たちがまずしなければならないことは、我が命への感謝と、そばにあるものたちへの感謝ではないでしょうか。

一年の恨みは、忘れて置いて行きなさい
ただし
もらった恩義は、どんなに小さなものだって
忘れず持って行きなさい
有り難うございました

令和2年12月

 恨みは自分も相手も滅ぼすものだから、どうか許して前に進んで欲しい。
 感謝は自分も相手も生かすものだから、どうか共に生きて欲しい。

朝起きて 外に出て
太陽を見上げる
その眩(まばゆ)い輝きは
天と地と
そして私とを
いつも等しく照らし出してくれる

令和3年1月

 どれだけ自分で自分のことを蔑(さげす)んでみても、世界はいつも自分のことを受け入れてくれる。

小さな水の流れも
やがて石に穴を穿つ
過去にすがり
自慢話に明け暮れるよりも
今この時を
確かに 一歩ずつ
踏みしめていこう

令和3年2月

 本当のところはいつも、自分の足元にしかない。

手に入れることよりも
与えてあげることを学ぶ方が
幸せに生きていけるよ

令和3年3月

 欲しがる分だけ貧しくなる。与えてもいいと、思った瞬間に心は軽くなる。

文句ばかり言っておると
不幸を拾い上げるばかりで
幸せを置き忘れていくぞ

令和3年4月

 不満はすぐに目につくが、円満は見えにくい。